弊社の子供向けワークショップを3つ実施した夏休みキッズイベント『バーチャルバードパーク』へ取材に行きました!

バーチャルバードパークのプロジェクションタイトル

東京の玉川高島屋S・Cの西館1Fアレーナホールで開催されたキッズイベント「バーチャルバードパーク」内で実施された、弊社のワークショップ『ホログラムボックス』と『アートタイル』の2つを取材して参りました!
訪問した日は酷暑中の酷暑でしたが、子供たちが元気に参加してくれていてひと安心でした。
今回は写真を交えて、会場の様子とワークショップの内容をレポートします!!

「バーチャルバードパーク」で実施したワークショップの記事はこちら!

実物大の鳥図鑑
入り口を抜けると、今回のテーマとなっている「鳥」に関する展示が出迎えてくれます。

会場は触れられるデジタル装置やバーチャル装置がたくさんあって、ワクワクする空間でした!

触れるプロジェクション
中に入ると雰囲気一転! 暗い中、あちこちでプロジェクションやLEDなど、デジタル技術を使用した装置に溢れております。
子供がプロジェクションに興味津々
子供たちも、触れられるプロジェクションに興味津々!
風に反応して光るLED装置
普段は触れることのない珍しい装置が多く、子供たちはあちらこちらに走り回って、遊び尽くしている様子でした。

ワークショップも大人気!定員いっぱいになるまで子供たちが参加してくれました☆

ワークショップの受け付け
会場の奥に向かうと、弊社ワークショップのイベントスペース受け付けが見えてきました。
ワークショップのサンプルが置いてあります
机の横にはワークショップのサンプルがあり、時折り子供がじっと見つめております。
ワークショップのタイムスケジュールと受付状況
訪問した日は嬉しいことに、各ワークショップが定員に達するほど、子供が参加してくれました!
ホログラムの見本に鳥が浮かぶ
「ホログラム」とは何か、分かりやすく見せるための見本が置いてあります。
子供たちは触れられないホログラムに手を入れたりと、不思議そうに眺めておりました。

新規開発ホログラムワークショップ『ホログラムボックス』

ホログラムボックスは満員御礼!
用意した席いっぱいに子供たちが参加してくれました!
ホログラムボックスを作り始める子供
司会の解説を聞き、作り方シートを見ながら子供たちがホログラムボックスを作り始めます。
ボックスを一所懸命組み立てる子供
まずは、ボックスの中身を組み立てます。
みんな真剣に組み立ててくれていますね。
地面シールを切る子供
次は、ボックスの底面に貼る「地面シール」を切ります。
好きな色を好きな形に切り、底面に貼って地面にしていきます。
スタッフさんの話だと、自分のイニシャルの形にがんばって切り抜いて貼っている子供も居るようでした。
みんな真剣にシールを切っております
みんな一所懸命にシールを切っております。
手元をしっかり見て、けがの無いように。
ホログラムシートをボックスに差し込みます
次はホログラムの元となるホログラムシートをボックスに入れます。
組み立て終わったホログラムボックス
ホログラムシートが入ると、ほぼ完成です!
ホログラムボックスを覗き込む子供
まだ完成ではありませんが、子供たちはホログラムが気になる様子。
森シールを切る子供
最後に、外側に飾り付ける「森シール」を切っていきます。
森シールを貼る子供
切った森シールを自由に配置していきます。
ホログラムボックスを完成させた子供
外側も貼り終えたらホログラムボックスの完成です!
飾り付けに集中して時間内に終わらない子もおりましたが、完成させてご満悦な子供たちが多かったです。
ホログラムボックスを持ち帰る子供
完成したホログラムボックスは袋に入れて持ち帰れます。
完成できなかった子供たちも、パーツを袋に入れて持ち帰り、後でじっくりと飾り付けをすることもできます。

手軽に質の高いグッズが作れるワークショップ『アートタイル』

アートタイルも満員御礼!
アートタイルも満員御礼! たくさん参加してくれて嬉しいです^^
なんと、ホログラムボックスとエッグマラカス、全て参加してくれた親子もいらっしゃいました!

アートタイルに貼る熱転写シールを切る子供
まずは、タイルに配置するデザイン用の熱転写シールを切っていきます。
台紙に熱転写シールを配置する子供の手
タイルに直接貼るのではなく、台紙へ簡単にのり付けするだけなので楽ちんです☆
タイルへのデザインは逆さまになるので注意!!
熱転写用のアイロンプレス機
熱転写用のアイロンプレス機です。
注意書きはありますが、子供が触れないよう注意しなければなりません。
アイロンプレス機を使っている様子
熱転写シールが貼られてデザインされた台紙をタイルと合わせ、アイロンプレス機で熱を加えていきます。
タイルに熱転写されるのを待つ子供
「まだかな~?」と、子供が待ちきれない様子です。
キレイに熱転写されたタイル
きれいに熱転写されました!
鳥やフルーツ、森のデザインがかわいいですね^^
熱したタイルを乾かします
熱転写後はタイルが熱くなっているので、送風機などで物理的に冷まします。
タイルの裏にシリコンの脚を付けます
熱が冷めたら、タイルの裏にシリコンの脚を付けて完成です!
完成したら緩衝材と袋に入れます
完成したアートタイルは割れないよう、ちゃんと緩衝材で包みます。
完成したアートタイルを受け取る子供
最後に、アートタイルを袋に入れて子供にお渡しします。
たくさんの素敵なアートタイルが完成しました!
たくさんの素敵なアートタイル作品が完成しました!

デパート開催のキッズイベントに最適な弊社子供向けワークショップのご依頼・ご相談をお待ちしております☆

いかがでしたでしょうか?
会場は子供たちで大変賑わっており、ワークショップもとても楽しんでくれた様子でした!
ピコトンではデパートやショッピングモールなどで開催されるキッズイベントに適した子供向けワークショップも数ご用意しております。
デパートやショッピングモールなどでのイベントでお悩みの際は、ぜひピコトンへお気軽にご相談ください。

また、季節に合わせたワークショップも随時受け付けておりますので、こちらも併せてお気軽にお問い合わせください。
ハロウィンワークショップ特集ページはこちら!
クリスマスワークショップ特集ページはこちら!
お正月ワークショップ特集ページはこちら!

ピコトンでは『キッズイベントパッケージ』という、ワークショップに必要な資材と、ワークショップに使用する道具を、イベント開催日前にまとめて送付・レンタルするサービスを行っております。
事前に必要な資材と道具が揃い、同梱されているマニュアルを読むことで、現地スタッフのみでもスムーズにワークショップを運営することができます。
イベント後は、届いた箱に余った資材と使用した道具を入れ、着払いで返送していただくのみの、お手軽システムです!
『キッズイベントパッケージ』の詳細も知りたい方は、ぜひ下記のページをご覧ください☆
必要資材と使用道具を送る『キッズイベントパッケージ』の解説はこちら!

その他、子供向けワークショップのことで疑問・質問などございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

とりあえず相談してみる
TEL:03-6231-5490
※お電話の受付時間は、土曜、日曜、祝日を除く午前10時から午後7時まで