家族も楽しめる社内イベントアイデア5選記事のサムネイル

子育て世代の参加率をアップさせる「家族向け社内イベント」

子連れで出社するビジネスウーマン

こんにちは、子供向けイベント専門17年の株式会社ピコトンです。

会社の社員・スタッフ同士の交流の場として設けられる「社内イベント

バーベキューやボーリング、社内運動会などが人気の社内イベントですが、子供の育児に取り組む社員さんは休日に参加が難しく、「子供を置いて参加はちょっと……」と、参加率が高まりにくいのが現状。

そこで今回は、社員の方が子連れで参加できる、社員の家族を招いて開催する「ファミリーデー」「ファミリーパーティー」と呼ばれる近年注目度の高い家族向けの社内イベントをご紹介!

家族参加型の社内企画を開催するメリットや、おすすめのアイデアを紹介します。

イベントを成功させるためのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください♪

・家族参加型の社内イベントを開催するメリットは?

道を歩く親子
ファミリーデー・ファミリーパーティーのメリットとは?

家族参加型の社内イベントは、社員だけでなく、社員とその家族が一緒に楽しむ特別な企画♪

社員同士の交流はもちろん、社員の家族と一緒に行うことでさまざまな効果があります!
そんな家族参加型の社内イベントには、どんなメリットがあるのでしょうか?

メリット〈1〉・・社員のモチベーション向上に繋がる

ガッツポーズをとるお父さんと子供

社員が普段から家族に仕事の話をしていたとしても、家族側としては、実際に見たことがない会社のことですのでピンときていないケースも多くあります。

家族向けの社内イベントで会社や仕事の内容を知れば、

「こんな仕事をしていたんだね!」
「すごい!」
「いつも頑張ってくれてありがとう!」

という家族からの感謝の言葉を引き出すきっかけにもなり、社員のモチベーションアップに効果的!

また社内イベントをきっかけに、家庭の間で会社の話が増えれば、仕事への意欲だけでなく愛社精神も高まり、社員の家族全体での会社への印象アップにも繋がります♪

メリット〈2〉・・社員の家族に会社のことを知ってもらえる

家族参加型の社内イベントで、初めて会社に足を踏み入れるという家族は少なくありません。

家族に会社の様子や一緒に働いている同僚・上司を紹介できるのは大きなメリットです。

どんな会社なのか、何をしている会社なのか、どんな人が働いているのかなど、会社のことを理解してもらうことによって、会社に対しての安心感や信頼感も感じてもらいやすくなります♪

メリット〈3〉・・社員の子供にも良い影響を与えられる

笑顔の兄妹

家族参加型の社内イベントは、子供がお父さんやお母さんの仕事について知る機会としても最適!

また、実際に会社を訪れて、大人が働く環境を実際に見るのは「社会」について触れる貴重な機会にもなり、子供たちのキャリア形成に役立つ有意義な側面も持ち合わせています♪

・家族も楽しめる社内イベントアイデア5選!

笑顔のお父さん、お母さん、子供
ファミリーデーやファミリーパーティーにオススメなアイデア5選♪

ここからは、家族と社員が一緒に楽しめる社内イベントアイデアをご紹介♪

家族と社員が楽しい時間を過ごせる企画」や「仕事について知れる企画」「日頃の感謝を伝える企画」など、さまざまなタイプの家族向けの社内企画をピックアップさせていただきましたので、ぜひご覧ください♫

家族向け社内イベントアイデア〈1〉・・お祭り企画

夏祭りのイメージ画像
ファミリーデー・ファミリーパーティーのアイデア〈1〉お祭り企画

参加者全員で楽しく過ごし、お互いの絆を深められるのが「お祭り企画」です。

夏祭り(野外イベントもオススメ!)
納涼祭(大人向けにお酒も用意すると最高!)
秋祭り(景色の良い場所に繰り出すのも◎)
ハロウィンパーティー(みんなでお菓子の交換♪)
クリスマスパーティー(ツリーを飾り付けてプレゼントの交換♪)

など、季節に合わせてお祭り企画を開催してみてはいかがでしょうか?
社員の家族である子供はもちろん、大人も楽しい、参加者全員が楽しめる企画としてオススメです♪

お祭りの会場にゲームやアトラクションなど子供が喜ぶコンテンツを用意することによって、全員が楽しめる内容になり、
会場にて大人向けにアルコールを提供すれば、社内イベントの定番である「飲み会」も同時開催できて一石二鳥♪

会場は、会社の駐車場や共有スペースのほか、レンタルスペースを活用するのもオススメです。

家族向け社内イベントアイデア〈2〉・・スポーツ大会

運動会のゲート
ファミリーデー・ファミリーパーティーのアイデア〈2〉スポーツ大会

体を動かしながらリフレッシュできるスポーツ大会は、子供から大人まで気持ちを一つに頑張れるイベント!

社員だけのスポーツ大会とは異なり、子供も参加するため、競技性の高いスポーツだけでなく、遊び要素のある種目を取り入れるとより楽しめます♪

親子リレー(親子でペアになってリレー)
親子借り物競走(課題の「物」を会場の中から探そう!)
社内借り人競走(課題の「〇〇な人」を探そう!)
親子鬼ごっこ(親が鬼になり、子供たちがタッチ!)

など、スポーツが苦手な方でも楽しく参加できるような、簡単に楽しめる種目を考えるのがポイント。
会社の近くのスポーツ施設や運動場をレンタルして開催するのがオススメです♪

家族向け社内イベントアイデア〈3〉・・社内表彰式

トロフィーを持つビジネスマン
ファミリーデー・ファミリーパーティーのアイデア〈3〉社内表彰式

社員の活躍を讃える「表彰式」も、家族を交えて行うと楽しい企画に!

表彰するのは成績優秀者だけではなく、いつも仕事を支えてくれている家族に対しても表彰し、感謝を伝える形にすると、参加した社員の家族にも喜ばれ、社内イベントが盛り上がること間違いなしです♪

社員の方に「家族に向けた賞」の名称を考えてもらうのも良いでしょう。

また、家族に向けた表彰をした後には、社員から「これからも〇〇を頑張ります!」など、仕事や家庭内の取り組みについての豊富を述べるのもオススメです。

いつもありがとう賞(参加した社員のパートナーを表彰)
〇〇頑張ってるね賞(子供の取り組みを褒めよう!)
〇〇5つ星賞(ご飯やお弁当が美味しい!)

表彰式の後には、社員や家族を労うパーティーを開催すると社員同士、社員と家族との交流が深まるので、こちらもオススメです。

簡単に本格的な表彰状が作れます!↓
◆デジタル表彰状印刷…賞状テンプレート 無料ダウンロード

家族向け社内イベントアイデア〈4〉・・お仕事クイズ大会

?マークのキューブを持つ女性の手元
ファミリーデー・ファミリーパーティーのアイデア〈4〉お仕事クイズ大会

子供が参加する社内イベントで人気なのが、「お仕事クイズ大会」です。

お父さん、お母さんが働く会社には、子供たちが見たことのないものがたくさんあります。

そういったものをクイズにしたり、会社で作っている商品にまつわる問題を出したりすると、子供と大人が一緒に楽しめます♪

・この製品は何に使われるでしょう?
・この人は何のお仕事をしているでしょう?
・この部屋は何に使われる部屋でしょうか?
・この会社は何年前からあるでしょう?

また、社員食堂で人気のメニューを当てる問題や、社員に人気のおやつを当てる問題も、いろんな回答が引き出せるため盛り上がること間違いなしです♪

家族向け社内イベントアイデア〈5〉・・親子ワークショップ

『Myおうちバッグ』を工作する男の子
ファミリーデー・ファミリーパーティーのアイデア〈5〉ワークショップ

家族で一緒に楽しく取り組める「ワークショップ」を会社で開催すれば、子供にとって一生の思い出に!
1つの工作や制作に親子で一緒に取り組めるのがポイントで、季節と結びつけた内容も◎です♪

特に人気なのが、

・夏休み工作
・手作りアクセサリー・キーホルダー
・おもちゃ作り
・ハロウィン工作
・クリスマス工作

などのワークショップです。

学校などではできない、家族で一緒に制作に取り組む機会を提供できる親子ワークショップは、家族のコミュニケーションと会社への印象アップにとても効果的な企画です♪

弊社、株式会社ピコトンでは、家族向け社内イベントのワークショップにピッタリなお手軽&簡単な工作キットを多数提供しています。

イベントの開催しやすさにフォーカスを当て、これまで多くの企業さまや施設さまに好評の声を多数頂いている自慢の工作キットです♪

▼準備&運営らくらくな「工作キット」一覧はこちら

ピコトンの工作イベント一覧バナー

・社内イベントを企画するときのポイント

アイデアのイラスト

家族参加型の社内イベントは、さまざまな立場や年齢の方が参加します。

楽しく実りある社内企画にするためには、どういったところに注意して企画すると良いのか、具体的なポイントをいくつか紹介させていただきます♪

ポイント〈1〉・・目的を明確にするところから始める

社内イベントを企画するときに「これをしよう」「あれをしよう」と、内容を先に考えてしまうケースは意外と多いのではないでしょうか。

しかし、目的が明確でなく、あれもこれもと取り入れてしまうと、バタバタとした企画内容になってしまい、何をしたかったのかが曖昧になってしまいます。

そのため、家族参加型の社内イベントでは、内容以上に目的を明確にすることが大切になってきます。

・会社について知ってもらう
・仕事の内容を知ってもらう
・会社の雰囲気を感じてもらう
・社員を支えてくれている家族へ感謝を伝える

など、最初に企画を開催する目的やゴールを明確にしておけば、そこから逆算して考えられるため、より質の高い企画を作れるようになります♪

ポイント〈2〉・・日程や時間を慎重に決める

家族参加型の社内イベントは、子供たちの学校が休みの週末に開催するケースが多いです。

開催時間は、出入り自由なイベントであれば長めに、開始と終了の時間が決まっているものであれば、1~2時間ほどで設定すると良いでしょう。

参加人数が増えれば増えるほど、日程や時間を決めるのが難しくなるため、Googleフォームなどを活用してアンケートを取り、参加者の希望に合わせた日程や時間を決定するのが良いでしょう。

できるネット…【Googleフォーム】Webアンケートの作り方。

ポイント〈3〉・・社員の家族のことも考えて企画する

普段の社内イベントであれば、ある程度は運営側の裁量で決めても問題ないかもしれません。

しかし、社員の家族も参加する場合は、企画する段階で社員の家族に「どんなことをしてみたいか」「何を見てみたいか」など、希望を聞いておくと、より期待感を持って社内イベントに参加してもらえます♪

ポイント〈4〉・・安全性を最優先する

家族参加型の社内イベントには大人から子供まで、幅広い年代の方が参加するため、十分な安全対策が必要です。

よちよち歩きの子供や元気いっぱい走り回る子供、足腰が弱い高齢者、妊婦さんなど、さまざまな方が安全に楽しめるような配慮が求められます。

特に小さな子供は、走り回ったり、思いがけないものを口に入れてしまったりしますので、周りに危ないものがないか開催前にくまなくチェックしましょう。

株式会社ピコトンが提供する便利な「企画書」「提案書」テンプレートはこちら

・まとめ

ソファでくつろぐお父さん、お母さん、子供

家族が参加するファミリーデーファミリーパーティーは、福利厚生としてはもちろん、社員やその家族への感謝を伝えるためにもぜひ取り入れたい社内イベントです。

お父さんやお母さんの働く会社に実際に行くのは、子供たちにとっても思い出に残る貴重な経験となります♪

また、目的を明確にして開催する社内イベントは、社員のモチベーションや愛社精神の向上にも役立ち、メリットがたくさん!

この機会にぜひ、大人も子供も楽しめる家族向けの社内イベントを企画して、楽しい時間を過ごしましょう♪

低負担&らくらく運営の家族向け社内イベントが開催できる工作キット

Myおうちバッグを持って笑顔の男の子と女の子

弊社、株式会社ピコトンでは、さまざまな子供向けイベントにお役立ちな低負担&運営らくらくな「工作キット」を全国の企業さま、施設さま、自治体さまなどに向けて提供中♪

お陰様で、これまでご利用いただいた会場は全国5400会場を超え、参加した親子は100万人となりました。

『Myおうちバッグ』の個包装の中身一覧

ピコトンの「工作キット」のメリット
・材料が揃っているキットなので準備と運営が簡単
・イラスト図説の説明書付きで子供が1人で作れる
・簡単工作なのにハイクオリティの仕上がりで親子に高い満足度
・ハロウィン/クリスマスなど、季節アレンジが豊富♪
・工作の道具の貸し出しオプションもご用意!

『Myおうちバッグ』の広報画像

社内イベント企画の担当者さまの、準備と運営の負担を減らし、盛り上がるファミリーデーファミリーパーティーを実現する「工作キット」のご活用をご検討いただければ幸いです。

▼これまでの株式会社ピコトンの実績一覧はこちら

集客イベント成功事例バナー

▼準備&運営らくらくな「工作キット」一覧はこちら

ピコトンの工作イベント一覧バナー

・「イベント企画書」と「イベント提案書」のテンプレート無料提供中

また、なにかと大変な「イベント企画書」と「イベント提案書」が簡単に作れるテンプレートも無料提供しています。

こちら↓のページより、必要な情報を入力いただければ、すぐにご活用いただける企画書と提案書のテンプレートがダウンロードいただけます♪

さまざまな企画に対応ができ、役立つテンプレートとなっていますので、ぜひご活用ください。

▼企画書&提案書の無料ダウンロードはこちら

ファミリーデー・ファミリーパーティー開催の際はぜひお気軽にご相談ください

エコバッグ工作の完成品を持つ4人の子供たち

最後までご覧いただきありがとうございました。

ファミリー向けイベントの開催の際は、ご協力できるコンテンツが多数ご用意がございます。
企画書」や「サンプル」の提供も行っていますので、ぜひ、ご相談からでも構いませんのでお気軽にご連絡ください♪

イベント依頼の流れバナー
とりあえず相談してみる TEL:03-6271-9171 ※お電話の受付時間は、土日祝日を除く10時~19時。お問合せフォームからは年中無休で詳細資料をお返しします。